ダイソー(DAISO)の腹筋ローラーでお腹周りを引き締めよう!

筋トレ

今日は100円ショップでお馴染みのダイソー(DAISO)さんで手に入る腹筋ローラーのご紹介をしたいと思います。

今までの記事ではコロコロと言っておりましたが、一応このような名前のグッズだと世間では認知されてるようです。

自宅で筋トレを行うなら腹筋ローラーをやるだけで、複数の部位が鍛えられるのでお勧めです。

腹筋ローラーとは

そもそも腹筋ローラーとはなんぞやというところから説明します。

腹筋ローラーは比較的に安い値段で手に入る筋トレグッズなのですが、自宅で出来る筋トレなのにジムで行う筋トレに近い効果を得られるグッズなのです。

ビッグ3のトレーニングも幾つかの部位を同時に鍛えられるので効率がとても良いのですが、何よりバーベルなどの道具を揃えていないと中々気軽に出来ません。

そうなるとスポーツジムなどに行った時にしか出来ないので、自宅では気軽に行えません。

ちなみにビッグ3とは「ベンチプレス」「デッドリフト」「スクワット」の3つのトレーニングの事を指します。

自宅でもダンベルを使ってビッグ3を行うことも出来ますが、トレーニングマシンと比較してしまうと効果は歴然としています。

私は以前の記事でも申し上げたのですが、トレーニングマシンでの筋トレも今後取り入れる事にしました。

腹筋ローラーの効果

腹筋ローラーでは腹筋の中央の筋肉の「腹直筋」とそこからサイドに広がる「腹斜筋」、さらには「上腕三頭筋」の3箇所を鍛えられます。

またそれだけに留まらず、背中を支えている「広背筋」や「脊柱起立筋」も刺激されるので一度のトレーニングで複数の筋肉を使う事が出来ます。

ダイソー(DAISO)の腹筋ローラーで試してみる

ネットなどで腹筋ローラーを購入すると大体1000円を超えるような商品が多いです。

今後、トレーニングが続くかどうかも分からない状態で買ってしまうとお金を無駄にしてしまう事が多いので、最初はDIASOさんで購入するというのも一つの手だと思います。

値段も300円なので、もし続かなくてもお財布へのダメージは比較的少なくて済みます。

裏面には簡単な説明文章も書いてあるので、買ってすぐに始める事が出来ます。

300円とは言え、腹筋ローラーとしての役割はちゃんと果たしてくれます。

私自身は体重が70キロ程度ありますが、全然このローラーで耐えられるので、十分ですね。

私自身はグッズのグレードにはあまりこだわりがないので、今も現役で使っております。

私の体重に耐えられなくなり、壊れたらもっと良いのを買おうかと思っていますが、当分そのような事態になる事も無さそうです。

さすがダイソー(DAISO)さんと言えます。

腹筋ローラーの使い方

  1. タイヤの両サイドについたグリップ部分を両手でしっかり握ります。
  2. タイヤを地面で安定させつつ、ゆっくりと真っ直ぐに前方に押していきます。
  3. 自分の限界だと思うギリギリのところまで前方へと真っ直ぐ押していきます。
  4. 限界まで押したらゆっくりとお腹を意識しながら元の位置に戻していきます。

以上の2〜4を何度も繰り返すことによって、最初に説明した部位を同時に鍛える事が出来るのです。

自分の筋力のレベルに応じて、最初は膝をつけた状態からスタートしたり、座った状態、最終的には立った状態から腹筋ローラーを押していくなど負荷も変えていく事が出来ます。

腹筋ローラーで憧れのシックスパックを手に入れよう!

通常の腹筋運動をするのも意外に腰などに負荷がかかるので、腹筋ローラーで他部位も鍛えながら、腹筋をシックスパックにするのはとても効率が良いと思います。

私はもともと痩せ型だったのもあるのですが、このダイソー(DAISO)の腹筋ローラーだけでかなりお腹周りが引き締まり、着々とシックスパックへの道のりを登りつつあります。

もともと脂肪が少なかったので、少ない負荷ですぐに割れているだけでもあるのですが。

写真は本日撮ったもので、腹筋ローラーを使い始めて大体1ヶ月が経過した頃です。

ダイソー(DAISO)製の腹筋ローラーでお財布にも優しく、健康な体を是非とも構築していきましょう!

腕立て用にダイソー(DAISO)さんのプッシュアップバーのお勧め記事もあります。↓

まだまだ私もトレーニングを始めたばかりなので、人に教えられるような立場ではありませんが、マイペースながらこれからも引き続き筋トレを続けて参りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました