アジア人はコロナウイルスによる差別と迫害を受ける。

NEWS

未だにコロナウイルスの被害は収まらずに、全世界へと感染拡大を遂げています。

このウイルスによって、日本人や韓国人などのアジア系の人種が差別を受けるような事態へと世界が変貌を遂げているのです。

彼女は、街ゆく人に「コロナ」と言われた。日本人が受けた差別の現実
新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、世界で問題視されているのが、アジア人差別だ。日本でも中国人の排除を訴えるようなネット上の書き込みが散見されるが、ひとたび国を越えれば、そうした差別は他人事ではない。ヨーロッパに暮らし、実際に被害を受けたという日本人女性に話を聞いた。

アジア人はコロナウイルスによる差別と迫害を受ける。

フランスではアジア系の人に対する嫌がらせが蔓延してしまい、「私はウイルスでじゃない」と言うハッシュタグまでもが拡散するようになってしまいました。

パリでは韓国人が同様の差別を受けています。

Chosun Online | 朝鮮日報
韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

韓国人の大学院生のぺさんは、電車内で席に座れば両隣の白人が同時に立ち上がったり、マスクをして通り過ぎようとするとまるで「モーゼの奇跡」が起こるように道が出来るのです。

モーゼは本当に“海を割った”!? フィクションではなかった、「モーゼの奇跡」!! - TOCANA
 ユダヤ教の経典、「旧約聖書」。そこには、ヘブライ人の歴史が膨大なエピソードとともに綴られている。考古学的見地からの研究や発掘調査によって、これが単なる神話ではなく、史実に基づいた事柄も含まれていることが次第に明らかになってきた。今回は、特に有名な「モーゼが“海を割った”」という奇跡のエピソードさ...

またニューヨークの地下鉄ではマスク姿のアジア系の女性が暴行を受け、ネット上に動画が拡散される事態に。

警察は「ヘイトクライム」(憎悪犯罪)の可能性があるとして捜査が始まっています。

実際に日本ですら、中国人への迫害でもある発言がネット上で飛び交っている以上は、もはや他人事ではありません。

海外では「中国人、コロナウイルス」と言われて白い目で見られるような状況であり、もはや感染が広がった国の人達は海外ではウイルス扱いされてしまいます。

コロナウイルスは陰謀論にまで発展している。

<a rel=

今回の新型コロナウイルスは人工的に作られた物との作られた陰謀論まで語られ始めています。

それらが研究所から漏れてしまった為、このように世界に広がっているとまるで映画「コンテイジョン」と同じことが、現実の今この世界で起きているのです。

もはや映画の中の世界がSF物では無く、現実になりつつあるのです。

新型コロナウイルスの影響で再注目か?ソダーバーグ監督作が米レンタルチャートで10位 : 映画ニュース - 映画.com
中国・湖北省武漢を中心に発生した新型コロナウイルスが原因とされる、新型コロナウイルス関連肺炎の被害が拡大するなか、アメリカでは2011年に公開されたSFスリラー「コンテイジョン」が注目を集めているという。米ハリウッド・レポーターが報じた。「

現代においても人種差別は無くならない。

<a rel=

誰もが病気になりたくてなったわけでも無いのに、このような差別を受けてしまう現実社会が非常に悲しくなります。

感染者は排除される方向性でしか見られることが無い上、アジア人=ウイルスとして認知されてしまい、人種差別を促進させる社会へと進んでいる一方なのです。

しかしそれはコミュニケーションの取り方で変わる一面もあるのも事実です。

いま目の前で差別的な発言を自分自身がされていても、そこで話しかけ返すことによって次にその人がアジア人に出会った時には同じように差別するのを一瞬考えさせることが出来るかもしれないからです。

そう考えるとコミュニケーションを取ることは無駄では無い為、差別されるたびに話し返すようにしているそうです。

新型肺炎「差別より連帯を」 WHO事務局長が訴え:朝日新聞デジタル
 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は15日、ドイツ南部ミュンヘンで開かれている「ミュンヘン安全保障会議」で講演し、新型コロナウイルスの感染の広がりについて、「中国はなお非常事態で、どう広がって…

WHO事務局では、このような重大な事態において差別をしている場合では無いと警鐘を鳴らしています。

結論:世界が荒れている内は、海外渡航を避けよう。

全世界にウイルスが広まってしまう事態にまで発展している以上、感染者や感染者がいる国を責めても何にもならないのです。

世界各国が連帯して協力する姿勢が今後のウイルスの拡散を防ぐ手立てとなるのです。

差別や憎しみからは何もプラスになることは生まれないのですから。

また世界がこのような混乱にまみれているうちは、アジア人である私達が他国に行くことは少しばかり危険性が高いかもしれません。

コロナウイルスがある程度収束するまでは、無闇に海外に出向かない方が無難でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました