マスクを消毒したら再利用出来る?

NEWS

新型コロナの猛威により、日本では未だにマスクの供給が間に合っていない状況下にあります。

そんな中で、マスクを消毒したら再利用可能なのかどうかが議題に上がっています。

マスクを消毒したら“再利用”できるって本当? 実際はどうなのかマスクメーカー2社に聞いた
国内で感染が広がる、新型コロナウイルス。手洗いやうがいなどの基本的な予防法が重要視されているが、依然不足しているのがマスクだ。全国的な品薄の状態が続くマスクについて、厚生労働省は製造・販売メーカーに対し400万枚の売り渡しを指示した。厚労省が買い取ったマスクは、地方自治体からの要望を踏まえ、まずは緊急事態宣言を出した北...

マスクを消毒したら再利用出来る?

結論から言うと、マスクメーカーに問い合わせたところオススメは出来ないと言うことだそうです。

元々1回きりの使い捨て用として販売がされている以上は、メーカーに問い合わせたところで、そのような建前上の答えしか返ってこないことは予想出来たのではないでしょうか。

使いまわせるとしても、そのようなことを堂々と宣言して、いざ新型コロナに感染してとしてもメーカーは責任を取ることなんて出来ないのですから。

発言に慎重さが伴うのは仕方ないことでしょう。

経済産業省が「マスクの再利用」を前向きに検討していた。

経済産業省からは、一度使ったマスクを消毒して「マスクの再利用」を業界団体から周知してもらうよう、進めていたようです。

再利用の回数としては2〜3回程度で周知させる予定だったことを考えると、使い捨てることが出来ないこの状況下では、最悪その方法がベターなのではないでしょうか。

しかし一度使用したマスクを洗ったり、消毒したりすることによって、マスクの性能が落ちることが分かっています。

メーカーとしては再利用した場合の検証自体を行なっていない為、安易に使いまわせるとは口が裂けても言えないようです。

これは「責任問題」が絡んでくるからでしょう。

そうだとしても、そのような話が出てくると言うことは方法としては完全に駄目な手法ではないから議論にあがるわけです。

そう考えると最悪マスクが無くなる前に、少しでもマスクの使用出来る期間を延命させて、新型コロナ騒動が収まるまで何とか乗り切るのが得策なのでは無いでしょうか。

経済産業省の予防策として。

出典:厚生労働省HP

厚生労働省が公式に発表しているマスクの予防策効果は、

「混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所」

では有効だと言われています。

屋外や空気が篭らない場所では、ほとんど効果が見られないとのことで、そもそも感染していない時点であまりマスクの必要性が無いと思われます。

あくまでも感染者が飛沫感染拡大を防ぐ為に付けるのが本来正しい使い方なのかもしれません。

結論:結局のところどうしたらいいの?

<a href="https://pixabay.com/ja/users/geralt-9301/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=4791772">Gerd Altmann</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=4791772">Pixabay</a>からの画像

結局マスクは捨てるしか無いのか、それとも使いまわせるのかどうなのかという点について私が出せる結論は。

使い回すなら自己責任

そんなことよりも、「手洗いうがい、睡眠時間の確保を徹底的に行う」しかないと思います。

結局のところ感染者以外がマスクを付けてもあまり効果が無いのであれば、マスクが無ければ付けないで生活するほかありません。

そうなると人間本来の免疫力で対抗するほかないです。

それでもマスクを付けないと心配な人は、消毒して2〜3回は使い回すのが現状1番賢い方法なのでは無いでしょうか。

そもそもマスクを使い捨てたとして、外出した際に着ていった洋服達はウイルスをたくさん付着しているわけなので、それらも使い捨てにしなければあまり意味が無いように思います。

マスクを付けなければ感染してしまうと言うこと自体がそもそも間違っているのではないでしょうか。

もはや朝の満員電車に乗ってる時点で、マスクで防ぎ切れるとは到底思えないのです。

そうであれば自分自身の免疫力を高める事に注力した生活を、日々送るほうがよっぽど現実的な対策であると言えるでしょう。

このような非常事態が起きても、サラリーマンにはどこにも逃げ場がないことを考えると、一刻も早く会社の給料へ依存する当たり前の生活から脱却するほかないと言う事が言えるでしょう。

最終的にあなたが新型コロナで亡くなったとしても、誰も責任を取ってくれないのですから。。。

自分の身は、自分で守るしかないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました