「お薬手帳」の電子化のすすめ。EPARKが使いやすい。

スゴ技

最近はポイントカードなどを電子化して、全てスマホ内に持ち歩けるような時代になってきました。

病院で使う診察券も電子化出来れば良いのですが、その辺はまだ中々対応されていないことが多いです。

診察券の電子化はまだ対応されていませんが、病院で渡された処方箋を記録する「お薬手帳」というものがあるのをご存知かと思います。

このお薬手帳を最初はしっかり記帳し続ける意気込みで始めるのだけれども、結局一度でも持って来るのを忘れてしまうと、そこから記帳が続かずにそのまま継続出来ないことも多々あるかと思います。

私自身もよく病院に行く際に、お薬手帳を持っていくのを忘れてしまって、最終的にお薬手帳を使わないまま、記録が途絶えることが多いです。

「お薬手帳」の電子化のすすめ。EPARKが使いやすい。

そんな時に役に立つのが、やはりスマホアプリなんですよね。

実は「EPARK」というアプリを使うことにより、お薬手帳をわざわざ持ち歩かなくても良くなるのです。

【公式】EPARKお薬手帳-予約もできる無料のお薬手帳アプリ
EPARKお薬手帳アプリは、家族分のお薬管理もできる電子版お薬手帳です。薬局での待ち時間短縮のための処方箋予約サービスや飲み忘れ防止の服薬アラーム、医療費控除のためのデータ出力機能なども全て無料でご利用いただけます。

先日、私は仕事で痛めた手首と肩の治療をしに整形外科に行ったのですが、そこから「お薬手帳」をスマホのアプリで管理するようにしました。

これは本を電子書籍化することにより、本そのものを持ち歩かなくてもスマホで読めるような感じと一緒の感覚なのです。

私はこの時は普通に処方された薬の記帳だけを出来る物だと思っていたのですが、実は医療機関とちゃんと連携されたアプリなので、それ以外の機能も付加されていることを後から知りました。

どうやらEPARKはお薬手帳に留まらず、「マッサージ」「エステ」を予約出来る「EPARKリラク&エステ」を提供したり。

「習い事」「体験レッスン」を予約出来る「EPARKスクール」の提供。

「人気店のスイーツ」などの予約が出来るような多岐に渡ったアプリを提供しているようです。

人気店舗のスイーツの予約が出来るサイトでは、誕生日イベントやクリスマスケーキを買う必要があるシーンに使えそうなアプリです。

直近で言えばホワイトデーのお返しに人気店舗のスイーツを購入する際に予約を取ってケーキを受け取れるので、意外と季節のイベント毎で役に立ちそうです。

シンプルながら必要最低限の機能を備えている。

なんとこの「EPARK」アプリを使って、病院で処方箋をもらった後に処方してもらう薬局をスマホ上で指定すれば、薬局に着く前に調剤の予約を取ることが可能なのです。

この機能はまだ使用していないので、どれだけ時間が短縮出来るのかまだ未経験なのですが、かなり便利であろうことが予想出来ます。

また、家族の薬も一元管理出来るので自分のお子さんの薬のデータもスマホで管理出来るのが良いところですね。

災害時や緊急時でも、クリップ機能を使って保存することでオフラインでもお薬手帳のデータを確認することが出来るのです。

他にも薬の飲み忘れを防ぐ為に、決まった時間にアラームでお知らせしたり、検体測定の記録を取ることが出来たりします。

医療費控除の申請をする際に必要なデータを「CSV形式」で出力する機能も付いているので、最低限のシンプルな機能ながら必要な機能だけを兼ね備えているアプリだと思います。

CSVファイルとは パソコン初心者講座
CSVファイルとは?CSVファイルはどういう時に使われるか?パソコンでの使い方は? 初心者むけに解説しています。

いずれ来るであろう親の介護に役に立つアプリでもある。

高齢化社会が進む現在の日本では、いずれ親の介護を自分がする立場になる日も少なからず皆に来るのです。

しかし、このように家族の処方された薬をデータとしてしっかり保存して共有出来るアプリが一般的に普及されるようになったのは、中々素晴らしいサービスだと思います。

登録料や追加料金などは一切掛からないそうので、是非お薬手帳の電子化をすることをおすすめします。

結論:電子化出来る物は全て電子化して、物理的に減らしていこう。

紙で保管し続けていると、あまりにも膨大に増えた資料が溜まればゴミの山となります。

そしてちゃんと保管出来ていなければ、もはや無駄な資料として家の中に置いておかなければなりません。

物理的に少しでも物を減らすことが出来れば、余計なものが自宅から無くなるので部屋もスッキリするものですし、何より場所を取りません。

出来る限りの物を電子化すれば、スマホ一台で管理出来るので非常にシンプルになります。

なるべく電子化に対応した書類関係は、生活にドンドン取り入れていった方が良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました