ダイソー(DAISO)の突っ張り棒でデッドスペースの有効活用

便利グッズ

家の中にある無駄な空間をデッドスペースと言いますが、上手く活用出来てますでしょうか。

狭いワンルームタイプの賃貸でもそれらを活用する事で収納スペースをいくつか作り出す事が出来ます。

デッドスペースを見つけて空間を上手く使いこなして、収納スペースを生み出しましょう。

突っ張り棒を活用する

家の中で無駄に空間が空いてるスペースにとても有効なアイテムがあります。

それが「突っ張り棒」です。

この棒を上手く活用する事で、棚を空間に作ったり物を引っ掛けたり出来るので、結構便利なアイテムなのです。

使っている箇所一例

我が家で使っている場所はテレビ台として使っているカラーボックスの裏です。

ベランダに干す為の洗濯物グッズをこのテレビ台の裏に収納しています。

突っ張り棒の用途としてはハンガー類を掛けて使っています。

部屋の角の形が変に角ばっているので、微妙なスペースが空いていて空間を無駄にしてました。

妻のヒラメキによりここに突っ張り棒を採用する事に致しました。

次に我が家ではランドリーラックを購入せずに、突っ張り棒でランドリーラックなるものを作りました。

ダイソー(DAISO)さんの一番対荷重の高い突っ張り棒を2本ここに採用しました。

これはダイソー(DAISO)さんの400円の耐荷重40キロまで耐えられる突っ張り棒です。

取り付け位置の高さを少しずらしています。

ランドリーラックを置くとこのような感じになります。

妻が一人暮らしの頃に使っていたラックをそのまま使っているので色が全く統一されていませんw

2本の高さを変えることでラックが斜めになり、手前から洗濯物を入れやすくしています。

既存のランドリーラックを使っていないので、洗濯機周りもすっきりして掃除も楽々出来ます。

さらには洗面台下の収納棚の中にまで使っております。

元々収納スペースのある棚の中にわざわざ使う理由は、収納棚の上部は無駄なスペースになる事が多いので、その空間を上手く活用しています。

基本的に物は下から積むので、上部の方に空間が生まれやすいです。

その空いた空間に突っ張り棒を利用する事で、スプレー系の洗剤などをひっ掛けて保管する事が出来ます。

用途が物を乗せるだけでなく、物を引っ掛けたりも出来るので、工夫次第で使い方の幅が広がりますね。

突っ張り棒を選ぶ際の注意点

突っ張り棒はバリエーションが豊富なのですが、設置する箇所の横幅によってしっかりと選ばなければなりません。

これは洗面台の横にある謎の空間ですw

棚も入りそうに無いので突っ張り棒を棚代わりに使っています。

この突っ張り棒がそこまで対荷重が高く無いので、あまり物を乗せすぎると崩壊しますw

この点を考慮しないと「後の祭り」になり兼ねないです。

実は突っ張り棒用の棚板も売ってるのですが、物自体が大きくて棚板が無くても乗っかる為、そのまま2本の上に乗せています。

もはや棚ですら無いですが物が置ければOKといった感じですw

また棒の種類によっても耐えられる最大の重さが変わってくるので、重いものを沢山置くような箇所に使用する場合は重量も気にしないといけません。

耐荷重の数字が小さい棒ではたくさん物を置いてしまうと、棒が物の重みに耐え切れずに気付いた頃に落下していたりする事が多々あるので注意が必要です。

ダイソー(DAISO)の突っ張り棒のバリエーション

我が家での突っ張り棒はほとんどダイソー(DAISO)さんの突っ張り棒を使用しております。

バリエーションも豊富なので、使う箇所によって、耐荷重を考慮しながら選びましょう。

ちなみにダイソー(DAISO)さんですと、100円シリーズの突っ張り棒以外にも荷重がかなり耐えられる物になると値段が400円と少し高くなります。

ですが他の突っ張り棒に比べて、40kgまで耐えられるタイプの棒もあるので中々優秀なのです。

他社製品に劣らない上、値段も安くて使いやすいので、要所要所で使い分けると良いと思います。

特に150円以上のシリーズだと他の100円ショップに置いてないような種類の突っ張り棒があります。

ダイソー(DAISO)さんの突っ張り棒の種類で大体対応出来るので、是非利用してみて下さい。

突っ張り棒で色々飾るのにハマっていたのでこんな物も乗せています。

ゲームセンターで大量に取ったミニオンの人形コーナーです。

玄関の目の前にも飾っています。

妻が大好きなキャラクターなので飾っています。

ミニオンのコースターとWELCOMEボード、その下のミニオンは妻と私の自作アイテムなので非売品ですw

若干棒が曲がっているのと、余り物の棒で作った配置なので見栄えが悪いですw

色々と家の中で試してみると面白いので是非「突っ張り棒」を使ってみて下さい。

どこに使おうかなーと案外ハマります(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました