原付二種バイクは費用が安い。日本で最も普及しているのは神奈川?

NEWS

日本国内でバイクを移動手段として利用するなら、圧倒的に人気があるのが原付二種となっています。

原付二種とは「第二種原動機付自転車」の略であり、50cc以上125cc未満のバイクのことを指しますが、これが最も普及している地域は実は神奈川にあるようです。

車体の軽さと安さ、税金の安さ、原付による30キロ制限の解除、車の任意保険と一緒に特約で付けられる等、メリットを上げるとキリが無いほど生活にとって重要なバイクであることが分かります。

人気の原付二種 日本でもっとも普及している町は神奈川県にあった その理由とは?
優れた機動性や経済性などの理由から人気が高まっている原付二種(第二種原動機付自転車)のバイクは、人々の生活に便利な乗り物として普及しています。日本ではどこの地域がもっとも高い普及率となっているのでしょうか。

原付二種バイクは費用が安い。日本で最も普及しているのは神奈川?

原付二種は同じ原付という括りでありながらも、優れた機動性や経済的安さ、また交通制限に捉われずに乗れるという点で非常に人気のある括りのバイクとなっています。

ましてや大型バイクを持っている人ですら、わざわざグレードダウンしてでもこの原付二種に乗り換えるほどメリットがあるバイクであるのです。

実際に私も大型二輪の免許を持ってはいるものの、経済面で非常にコスパが悪いという理由で今現在も原付二種のスクーターに乗っていますが、このスクーター無しにはもはや生活するのが考えられないぐらいです。

それは生活に密着する日々の足でもあり、自転車のように気軽に近所に出掛けられるような感覚のものでもあるので、非常に便利な点を感じています。

そしてこの原付二種が最も普及している町というのが、実は神奈川の葉山町だと言うのです。

葉山町は道路の道幅が狭く、渋滞も発生しやすいことから、原付二種での通勤が主な移動手段として利用されているのです。

そして最も普及する理由の一つが、鉄道が少ないということです。

公共機関である電車移動よりもバスでの移動が多いので、結局はバスが渋滞にハマってしまえば、もはや移動するだけで相当な時間が奪われてしまうのです。

そのような背景から渋滞にハマったら動けなくなる車よりも、機動性の高い原付二種が交通手段として、各家庭で当たり前のように普及するようになったそうです。

「原付二種」は「原付一種」の30キロ制限から解放される。

原付一種であると最大速度は30キロまでしか出すことが出来なく、車線が3車線以上あるような道路では二段階右折という非常に面倒な方法で右折をしないといけない為、日常で乗っているだけで煩(わずら)わしさがあるのです。

しかし原付二種であれば、それらの制限が解除されて他の車と同じ速度で道路を走行することが出来る上、機動性は原付とほぼ変わらず、むしろ排気量が多い分快適な速度で加速と巡航することが出来るのです。

更に原付一種では禁止されている二人乗りも解除されるのですから、これほど普段使いとして使いやすい乗り物は原付二種意外には無いとも言えるのではないでしょうか。

そういった面がメリットであることから、近年では原付二種がバイクの中では最も多く利用されているのです。

400cc超えのバイクになってくると車検なども必要になってくる為、それらの維持費は結構な金額になってくる為、もはやバイクは娯楽の乗り物と見なされているのが一般的ですが、原付二種であれば生活の移動手段の一つとして十分に利用する価値があるわけです。

私自身の生活における、原付二種の必要性。

私自身も普段から原付二種のスクーターを利用しているのですが、もはやこのスクーターが無ければ現在の生活は成り立たないものとなるほど、生活の重要な要素の一部となっているのです。

この原付二種を一台一家に常駐させることで、私生活における活動エリアが非常に広がります

例に挙げると、家賃相場の高い首都圏地域に住んでいると、その周辺のスーパーの物価などもやはり高かったりする為、普通にそれらを利用すると食費などがありえない程高くついてしまうのです。

しかし原付二種を手に入れれば、自分の移動出来るエリアの幅が広がる為、比較的食材の値段の安い業務用スーパーなどに出向けば、食費を大幅にコストカットすることが出来ます

その際は何度も業務用スーパーに出向くのは大変だといういうデメリットがあるので、1週間分の食材の買い出しを一度にまとめて行えば非常に効率的であることが分かります。

原付二種に乗ることで、食費が割高になってしまう地域に住んだとしても、そのデメリットは活動エリアを広げることによって十分に補うことが出来るのです。

実際に私達夫婦の生活は、この原付二種のスクーターによって、食費のコストダウンを実現しています。

雨の日であれば、バイク用のレインコートを着ていけば問題無く生活出来るので、デメリットというものはどうやったらデメリットでなくなるかを考えることが重要なのかもしれません。

また面倒であれば首都圏である以上、電車を利用するという選択肢も取れるので、これ以上の利便性は無いかなと個人的には思っています。

首都圏であると車は確かに便利ではあるのですが、駐車場の確保などの面で不便性を感じることが多いので、それを考えると原付二種の圧倒的な利便性は計り知れない程の恩恵を受けることが出来ます。

何より車であると税金なり駐車場代なり維持費なり、保険なり全てが高く付いてしまうので、もはや金に余裕のある層でしか都内で持つことは現実的には難しいというデメリットを抱えています。

結論:生活の基盤として、原付二種が1台あると経済的に楽になる。

上記のような理由から、例え首都圏に住んでいたとしても原付二種の生活における重要性は計り知れないものとして私は認識しております。

自転車であればもっとコストカットは出来るものの、スーパーなどの買い出しの際に大量の荷物を難なく運べたり、24時間都内のどこにでも簡単に移動が出来ることを考えるともはや原付二種無しの生活は考えられません。

また移動時間が短縮されることから時間の節約にも繋がりますし、遠出する際は公共機関を使うなどの使い分けをすることで、それぞれのメリットを良いところ取りして生活することが出来ます。

近年では自転車ですら任意保険加入が必須となってしまったことを考えると、もはや原付二種の方がメリットは高いとも言えます。

自転車は気軽に乗れるという点があったものの、任意保険の強制加入義務によって維持費が発生する乗り物となってしまいました

また50cc未満の原付一種であれば公道の制限が掛かるので、知らず知らずのうちにスピードオーバーなどをしてしまって警察に検挙されやすくなり、罰金などで結果的に支払うお金も多くなるリスクを抱えています

免許証のゴールドを維持し続けるのが難しくもなるのです。

そう考えると最も安全かつ、経済的であり、日常使いがしやすいのは原付二種以外には無いのではないでしょうか。

しかし、生活の一部となる以上は簡単なメンテナンスはある程度自分で出来るようにすることも大事と言えます。

コロナで満員電車が感染のリスクが広がる中、原付二種での会社通勤が非常に注目視されるようにもなってきた中、これから原付二種の需要が上がってきそうですね。

新型コロナの影響でバイク販売増に 生活スタイルの見直しが進みそうだ(佐川健太郎) - Yahoo!ニュース
最近バイクの販売が増えているそうだ。その背景には新型コロナウイルス感染拡大の影響で公共交通機関を避ける動きがある。これを機会に生活スタイルの見直しが進む可能性もありそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました