iPhoneの背面フィルムは100均で十分なのか?

スマホ

スマホの機種で最も所有率の多いiPhoneシリーズですが、最近の機種では背面がガラス素材になっている為、落下によってそのガラスが割れることも多々あります。

最近うちでは妻が外出先で地面に落としてしまい、背面ガラスとアウトカメラのレンズまでバキバキに割れてしまった為、保護フィルムを付けていなかったことをとても後悔していました。

前々から「付けないと大変なことになるよ」と助言をしていたのですが、妻は言う事を聞かずそのまま使い続けた結果、iPhoneはバキバキスタイルへと変貌を遂げたのですw

画面の保護フィルムもそうですが、背面保護フィルムも付けていないと、Appleでは背面ガラスの修理対応はしていなので、本体交換対応となってしまって費用が高く付いてしまいます。

そんな事故で無駄な出費を防ぐ為に、やはり日頃からiPhoneを保護する必要があるのです。

iPhoneの背面フィルムは100均で十分なのか?

上の写真は100円ショップのキャンドゥで購入したiPhone X用の背面保護フィルムです。

世の中に出回っているiPhoneの保護フィルムはどれも数千円しますが、フィルム自体も一応は消耗品である為、傷が付いて保護機能が低下した際には交換する必要があります。

よくスマホを落とす人では直ぐにフィルムがボロボロになる人も多いかと思うので、それを度々交換していたら結構な出費になるのでそのままにしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、これらフィルムは100円ショップなどでも手に入るので、正直なところ100円ショップで代用すれば、低価格で常に綺麗な状態を保つことが出来ます

私自身、前後のフィルムは100円ショップの物を使っていますが、傷付いたり一部フィルムが剥がれてきたら、直ぐに新しい物に交換をしています。

劣化した際に定期的に交換することで、iPhoneを綺麗に保つことが出来、いざ機種変更の時が来た時でも、綺麗な状態を保っていれば下取り価格が満額で買い替えることが出来るのです。

そうなると結果的に支出が減ることにも繋がります。

ですので面倒でも最低限フィルムは付けておく必要があります。

「バンパー」も付ければより強固にiPhoneを保護出来る。

私の場合はそれに加えて、バンパーを付けることにより、スマホを角から落としても本体に傷が付かないように保護を徹底しています。

バンパーとはスマホのサイド部分だけを保護するパーツのことを言います。

その分若干iPhone本来の見栄えは悪くはなりますが、毎日手にとって使う物なので、いざ壊れてしまうと不便になる方がよっぽどデメリットであります。

バンパーを装着すれば、ケースに入れるよりかはiPhone本来の姿形を視覚的に損なうのもある程度は防げます。

この辺は人それぞれ好みがあるので、自分にあったスマホケースやスマホリングなどで、iPhoneを傷や損傷から守りましょう。

バンパーは頻繁には交換せずに、フィルムだけを劣化するたびに交換していれば、iPhoneの傷はほとんど防げると言っても過言ではないでしょう。

バンパーは落とした際に本体への衝撃と傷が付くことから守ります。ですので落としてバンパーに傷が付いたとしても、それが本来の役割なので気にする必要はありません。

iPhoneは何も付けない状態が一番理想ですが、その分壊れた時の悲壮感は半端無いので、何も付けないであればいつ壊れても良いことを覚悟する必要はあるでしょう。

上手に貼れないと気泡が残る場合も。

今回購入したiPhone x用の背面保護フィルムですが、商品説明文にもあるように上手く貼れないと気泡が残る場合があります

恐らくですがベストポジションで貼ることが出来れば気泡が残ることは無さそうですが、もうこれぐらいなら別に良いやと思って、ある程度気泡を取り除いたらそのままにしています。

上の写真のアウトカメラ周りと、iPhone上部が若干気泡が残っています。

しかし、また傷が付いたり剥がれかかってきた際に新しいフィルムに交換するだけなので、非常に使い勝手は良いのではないでしょうか。

あとは貼り付ける人次第な気がします。。

私は比較的に付け方が下手くそだったのか、このように気泡が残っています。

それでも値段が100円なのでコスパに関しては言う事なしだと思います。

私自身、1年に1回変えるか変えないかの頻度で交換しています

結論:保護フィルムは安物でも良いので必ず付けよう。

iPhoneのケースやバンパーを付けるとiPhoneがひと回り大きくなることでサイズ感が変わり、使い辛くなると言う人がいると思います。

そんな人でもせめて保護フィルムは両面に付けた方が、最悪の事態は避けられると思います。

特に背面ガラスが割れるとその交換費用は平気で4〜5万円近くの金額が飛ぶので、それが100円で防げるなら安いもんです。

いずれ新しいスマホを買う際にも、本体が良好な状態であれば買取価格は満額に近くなります

新しい機種を手に入れる際の軍資金にもなるので、もはや付けないという選択肢は無いのではないでしょうか。

100円ショップは、もはや侮れない商品の宝庫なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました