コロナ禍に安いテイクアウト利用で気分転換に。

NEWS

緊急事態宣言が解除されたものの、未だにコロナは壊滅に至っていないわけで、気分が滅いっている方も多いかと思います。

最近では様々な飲食店が国による自粛営業の要請がありながらも、売り上げを伸ばす為にテイクアウトに力を入れ始めているので、それらを日々の気分転換に取り入れるのもいいかもしれません。

コロナで増えたテイクアウト、宅配。「外食しない」が主流になる? - 記事詳細|Infoseekニュース
「中食」は軽減税率もメリット新型コロナウ...

コロナ禍に安いテイクアウト利用で気分転換に。

<a rel=

コロナによる自粛ムードで外食をする機会も減り、自宅で食事を取る機会が増えた今だからこそ、今まで行ったことの無い飲食店を利用するのも気分転換に良いかもしれません。

私自身、日頃から食費はなるべく節約出来る形を取るために、基本的には1週間分の食材をまとめて買い出しに行くことにしています。

消費期限が当日の食材であれば、当日中に使い切るか、もしくは買ってきたその日に冷凍して1週間のうちに大体使い切る方法を取っています。

そうすることで、消費期限が当日中の物であっても気兼ねなく購入することが出来る上、スーパーでは割引の対象となるので結果的に食費が浮くので一石二鳥な面があるのです。

本当は買ってきた食材をラップに移して個別冷凍するのが常識なのですが、面倒なので買ってきたパックのまま冷凍庫に突っ込んでいます。

ある意味それ自体が時短でもあ流ので、楽チンではあります。

ルーティンの生活の中にも時にはメリハリを。

そんなルーティンな食事の取り方をしていますが、たまには息抜きにテイクアウトを利用したりするのも、新たな刺激を貰えるので時々テイクアウトを利用するのもおすすめだと個人的には思っています。

コロナ禍ではテイクアウトやデリバリーが非常に需要を増しているので、普段テイクアウトをしていないお店の料理が食べれるのもあって、それを良い機会として利用することで気分転換にもなるのです。

先日からちょっと気になっていたお店の近くまで来ましたので、この機会に食べてみようと思い、テイクアウトで初めて利用しました。

そんな些細なことでもちょっとした新しい刺激を受けて落ち込んでいた気分が回復したので、時にはそのような息抜きも必要なのだなと自分自身が体感しました。

ウーバーイーツで店を探して、テイクアウトで利用するのも良いかも。

よくウーバーイーツのアプリでどんな飲食店があるのかを見るのですが、そこで気になった店舗に立ち寄るのも中々楽しかったりします。

テイクアウトであれば配送料も掛からないので、何かの用事でふと近くに寄った時に購入するのがちょうど良いのかなと思います。

今回は気軽に食べられるようなカップケーキのお店があったので、近くに寄った時に試しにどんな味なのか一個購入してみました。

カップケーキ自体普段は食べるようなお菓子では無いのですが、これによってどのような味なのかを知ることも出来ましたし、える商品でもあるので今後誰かのお土産に利用する時の選択肢の一つとして採用するのも良いかなと思いました。

結論:コロナで疲れ切った日常に、新しい刺激を時には与えるのも良いかも。

たとえ失敗したとしても次回は利用しなければ良いだけですし、知らなかったお店の味を知るのは何かと楽しいものです。

今回初めて利用したお店はBellas Cupcakesというカップケーキのお店です。

Bellas Cupcakes-ベラズカップケーキ [東京白金高輪 / 泉岳寺]
Bellas Cupcakes-ベラズカップケーキ は、東京高輪のベーカリーから、カップケーキ、ホールケーキなど、英国伝統のプレミアムスイーツをお届けしています。カスタムメイドは、ロゴ入りカップケーキ…

そんな新しい味を知ることが日々の見慣れた人生に良い刺激を与えてくれたりします

刺激が全く無い日々を送っていると、人間というのはあっという間に老けていってしまうのですから

普段は絶対寄らないようなところのテイクアウトを利用することで、普段とは変わった日常を送ることが出来るのですから、たまに利用するぐらいなら安いものでは無いでしょうか。

それが頻繁になってしまうと節約生活が無駄になり得るので、自分で自制する必要があるので、個人の日頃の管理力が必要になりそうです。

しかし、これらテイクアウトという販売方法があったことによって、沢山の飲食店がコロナ禍でも何とか生き残る道があったわけですし、それを私達が利用することで沢山のお店を助ける活動にも繋がるのです。

老舗の飲食店が続々と倒産していくようなこの社会情勢の中でも、常に新しいことへチャレンジ出来ない企業はいずれは淘汰されていく未来なのかもしれません。

不景気による節約生活の中でも、このように外食産業にお金を落とさなければ、日本経済は廃れていく一方ですし、外食とも上手くバランスよく付き合って生活していきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました