世界的に大麻(マリファナ)が解禁されてきている。

NEWS

連日と芸能人の薬物使用による逮捕がニュースで続いてます。

沢尻エリカ氏の逮捕について、また薬物に思う事
最近は薬物乱用をしている芸能人のニュースが多々報道されています。沢尻エリカさんが「MDMA」と言うドラッグを所持していた疑いで逮捕されてしまい、世間を賑わせています。田代まさし氏もまた覚醒剤で逮捕されたのも記憶に新...
沢尻エリカ氏 尿検査シロの件について考察してみた
先日の記事でも取り上げたのですが、沢尻エリカ氏が薬物所持の疑いで逮捕されました。しかし、どうやら尿検査をしたところでは使用が認められなかった為、本人が使用していないと供述する事で薬物使用の立件が困難になるという仰天なニ...

しかし日本ではそのような状態ですが、世界的にはなぜか大麻が解禁されつつあります。

先日このような記事を見つけて驚きました。

このURLの記事はみつかりませんでした - エキサイトニュース

日本では所持しているだけで、初犯だと大半が執行猶予がつくとは言え、懲役刑になるのです。

大麻を自家栽培した日には懲役刑にプラスで罰金まで課されます。

塀に入れられてしまう事を考えると、大麻はそのぐらい危険な物だと皆、学校でも教えられて昔から認識しているはずです。

大麻は幻覚症状を起こし、依存性のある危険で絶対に使ってはいけないものと学校でも教わっているものが、どういったことかなぜか世界的には解禁される方向の流れになっているのです。

私達、日本人から見ると大麻を自家栽培したら、それを政府が買い取ってくれるなんて頭おかしいんじゃないかって思いますよね。

なぜ解禁されてきているのか?

そもそもなぜ大麻が解禁の流れに変わってきているのでしょうか。

どうやら元々大麻自体はタバコに比べると有害物質自体は少ないようです。

むしろ意外な事にタバコの方が依存性が高く、長期的に見るとタバコの方が有害だという認識もあるそうです。

大麻には幻覚症状などが出ると教わっていたと思いますが、実はそんなものは無くて、そもそも医薬品として優れた物だそうです。

むしろ最近の研究では癌の治療に有効であったり、精神病の患者に有効であったりということが確認されていて、だんだんと大麻に対する認識が変わってきているようです。

その中でも工業用の物で不純物が混ざっている物も世に出回っている為、それらがどうやら体に悪影響を与えるそうなのです。

また他のドラッグへの入り口となる可能性があることから、基本的には禁止しているようなのです。

恐らくですが、大麻で癌や精神病などの病気が簡単に治ってしまうと、医者とかの仕事も減ってしまうからという懸念点もあるのではないでしょうか。

そうなると必然と薬の売れ行きも減少してしまいますよね。

少しばかり日本の闇を感じます。

でもその内飲めるようになるかも

あのコカコーラにすら大麻入りの物を販売する流れになってきているようです。

米国コカ・コーラ、大麻の成分が入った飲料を検討
CBDと呼ばれる成分は向精神作用がなく、炎症や吐き気、痛みなどを抑える効果が。

何だかこういう海外のニュースを見ると、私たち日本人が今まで教わってきた事自体がそもそも間違っていたのではないだろうかという疑問さえ生まれてきますね。

そもそも日本が戦争していた時代なんかは「ヒロポン」というドラッグを軍人に平気で与えていたらしいですからね。

疲労がポンっと飛ぶことからヒロポンと呼ばれてたそうですが、その時点で当時の日本はかなりヤバい国ではあると思います。

今ではヒロポンは覚醒剤の一種ですから。本当あり得ない話だと思います。

こちらの2番目あたりに少しばかり説明がされていましたので、載せておきます。

北多摩薬剤師会 おくすり博物館 市販されていた覚せい剤等

依存性はアルコールやタバコの方が高い?

依存性自体もタバコやアルコールの方が高いそうです。

実際に世の中にはアルコール依存症や、私たちの周りでもタバコを吸っている人なんてほとんどじゃないかというぐらい居ますよね。

そう考えると大麻は癌の治療にまで役に立つ事を考えると、確かに私たちの昔から教え込まれてきた事自体がそもそも間違っていたんじゃないかと考えさせられます。

調べれば調べるほど色々なニュースとして取り上げられています。

どうやら日本だけが大麻の知識が乏しく、もはや孤立化しているような状態も見受けられるような記事も書いてありました。

「アルコールやたばこ、大麻より有害」と指摘した国際NGOリポートの中身:朝日新聞GLOBE+
ヘレン・クラーク元NZ首相に聞く薬物問題の議論をすると必ず出てくるのが、「アルコールやタバコとどっちが有害なのか」という比較です。「薬物問題は健康問題だ」と訴えている国際NGO「世界薬物政策委員会(GCDP)」(本部・スイス)が6月、...

医療大麻で癌が治る?

もしも大麻で病気が少しでも治る可能性があるのならば、末期癌患者などの方は海外で治療することも考えるべきなのかなと思います。

医療大麻で癌が治る?癌への大麻の有効性 | Marijuana.JP|マリファナJP
あなたは癌になったことがありますか?また、あなたの身内や知り合いで癌になったことがある人はいませんか?癌になってしまうと、ツライことばかりですよね。癌になってしまった臓器(胃や肺など)によっては食欲不振や呼吸困難になり、満足な生活さえ送ることができなくなります。また、癌の内臓痛は耐え難いもので、痛み緩和のためにモルヒネ...

だからといって法律で禁じられてる以上はやってはいけないのは周知の事実なのですが。

今後の私たち自身が、今まで当たり前だと思われてきた事に対して疑問を持つことはやはり大事なのかなと考えさせられました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました