お金持ちが100円ショップで買わないものとは?

NEWS

お金持ち流の100円ショップと専門店の使い分け方がとても参考になります。

金持ちが100円ショップで買わないもの 調理用品や洗剤は性能に差 - ライブドアニュース
100円ショップと専門店の使い分け方法わが家の例で恐縮ですが、自宅近くの100円ショップに行く途中に、大型ホームセンターがあります。そこで家庭の消耗品で必要なものがあれば、いったんホームセンターに寄って値段

ただ安い物を買えば良い訳では無い

お金持ち流の買い物の使い分け方としては、基本一筆書きで買い物を済ませる様なやり方が1番理想としています。

ですので100円ショップで何か買い物をする途中の道に専門店があれば、まずは専門店に寄り道をします。

そこで買いたい物の値段を調べてから100円ショップに行き、そこで買っても良いと判断したら購入に踏み切ります。

やはり専門店の方が良質で使いやすい物だったなとなれば、帰り道に専門店により購入します。

時間とコストを天秤に掛けて、なるべく一回で回って購入出来るようにするのです。

普段の私もこれらの方法を参考にして、日用品などの買い物をしてました。

主婦・主夫業は自分自身の限界との闘い

主婦又は主夫業は1日で使う時間をどう組み立てるかで、色々な家事を1日に凝縮して効率良く行えるかが決まります。

それを毎日毎日試行錯誤しながらやらねばならないので、中々頭も鍛えられるんですよね。

そしてどこまで極めるかも本人の気持ち次第で変わってきます。

少し脱線しましたが、お金持ち流の買い物の仕方も、これらに通じる部分が多いと思いました。

主婦・主夫が色々なところで、どう節約出来るか試行錯誤する事は、会社で言うと経費削減する為に試行錯誤しているのと似たような物です。

いかにコストを掛けずに経費を抑え、上質な物でなければならない部分は使い分ける必要があるのです。

ダイソーなら機能性の高い商品も存在する。

<a href="https://pixabay.com/ja/users/Peggy_Marco-1553824/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=1027760">Peggy und Marco Lachmann-Anke</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=1027760">Pixabay</a>からの画像

今回紹介したニュース記事の内容には100円ショップで調理用品や洗剤は買わない方がいいと言うのは確かなのですが、私はダイソーさんで質の良い物であれば使っています。

以前の私の記事でも紹介しましたが、ダイソーのフライパンや食洗機用洗剤などは中々秀逸な製品である為、我が家では現役で使用しております。

ダイソーの食洗機用洗剤は下記の記事内で紹介してます。

基本的に消耗品系は無くなる頻度が高いので、なるべくコストの掛からないもので粗悪でなければ100円ショップの物で代用する感じです。

お金持ちはケチとよく言いますが、なぜそうなのかと言う意識を持って考えてみると、一つ一つ何にでも理由があってコスト削減していることが分かります。

金持ちが重視するのは物の「資産性」 [ニューリッチへの道] All About
「お金持ちほどケチ」「お金持ちはたくさんお金を使う」とか、「お金持ちは高級品を好んで買う」という話を耳にするこがありますが、実際はどうでしょうか。お金持ちとそうでない人の行動パターンを分析してみます。

結論:お金持ちの真似から入るだけでも人生は変わり始める。

少しづつで良いのでお金持ちの習慣や思考を取り入れるスタイルで生活を変えると、手元にお金が必ず残るようになります。

家庭内のお金とは言え、そこでは自分が一国の主人(あるじ)でもある訳です。

それはもはや自分の国や会社を経営しているような物でもあります。

是非、小さな事からでも経費削減の意識を持って取り組む事をお勧めしております。

残ったお金をどう運用していくかでこの先の人生がまるで変わってくるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました